ブログ

献血のおすすめ


時々、献血ルームに行きます。もちろんお客さんとして。
女性は毎月血液を放出し(生理とも言う)入れ替えているが、男性は古い血液のまま働かせているので、時には献血して血液をリフレッシュしたほうが良いという理論。・・・・ほんとかなー???、かなりあやしい。

献血ルームには、時に若いお母さんと小さな子供が、お菓子を食べ、ジュースを飲んで、待っています。多分ご主人が採血中なのだろう。 これだー。

保育園~小学校低学年の子育て中の若いご夫婦に献血お勧めーッ。
買い物や遊びに四ケ町に来て、「ちょつとつかれた、お茶でもしょうか。」というとき、献血ルーム西海はいかがですか。

ご主人に献血させといて、奥さんと子供さんたちはコーラ、ジュース、コーヒーなど飲み放題に、お菓子も食べ放題。
子供3人連れていっても飲み食い原価1000円もかからないだろうから、献血ルームとしては大歓迎ですよ。

ちょっと時間はかかりますが(1時間弱)、ご主人に成分献血をさせれば、毎月2回のティータイムが持てますよ。
帰りはハミガキと+αのお土産をもらい、1石3鳥な感じ。良いことしたようで気分も良いし。

あっ、近くの喫茶店屋さん、営業妨害ごめんなさい。

 

 

失敗した!

「ちょっとお聞きしたいのですが、このメールアドレスは健くんので合っていますか?間違えてアドレス帳の中身を全部消してしまったので記憶を頼りにメールをしてみたんですが・・・お手数ですがお返事いただけたら嬉しいです。」というメールがきました。
最後に女性の名前も書いてありました。
うっかりして。「間違いです。」と返事してしまったのです。その後迷惑メールが来るようになりました。

変なメールに返事は出すなというのは常識なのにね。バカな私。(涙)

ついてた

14日(日)は午後から福岡に行った。
高速に乗り、長崎道上り線、多久の手前。追い越し車線を前の車について走っていた。後ろにはだれもいない。
前の車が左車線に入ったため、私だけが追い越し車線に残った。通常なら、前の車に続いて左車線に入るのだが、車間が開かない。
しょうがないので、そのまま追い越し車線を走っていたら、私の後ろに左車線より1台入ってきて、車間をつめてくる。
先頭はいやじゃ。普通はちょつと加速するところを、本日は睡眠不足のため、左車線に入った。すると、後の車も私に続いて左車線に入ってきた。あれ、抜いていくんじゃないのー。
ところが、その後ろに速い車がついて来ており、後ろの車と私の車を一気に抜いて行った。
ところがところが、私の後ろの車もすぐに追い越し車線に出て加速、すぐ赤色灯を出した。とばしていた車はすぐつかまった。後ろの車は覆面パトカーだったのだ。!!!!!!!!
ということは、あとからとばす車が来ていなければ、まず間違い無く私がつかまっていたのだ。 ついてた。

バルーンフェスタ


昨日は初めて佐賀のバルーンフェスタに行きました。
土日は多いだろうからと、木曜日午後行ったのに、駐車場待ちの車が国道まで並び、駐車できるまで20分以上かかりました。それから、メイン会場まで歩いて約1500m。
でも、楽しい形のバルーンあり、多いときは50個以上のバルーンが浮いていたり。
競技はフライインとか言うのがあっていて、地上の目標にマーカー(尾ひれつきの砂ぶくろ)を落とすというもので、かなり近くに落としていく機体もありました。非常に楽しいイベントでした。

帰りは、出口が来たときと違い、ナビの無い車で道に迷って、地元の人に尋ねながら高速に乗り帰りました。
次に来る時は、佐賀駅近くの駐車場に車を停めて、電車で会場に行こうと思いました。

 

佐世保くんち

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日は佐世保くんちの最後の日。そして、わが本島町は踊り町。
そういうわけで、うちの看護師さん3名に出ていただいた。
日ごろは白衣姿しかみていないが、踊りの衣装も良いですね。

消火訓練

 

今日は消火訓練をした。
専門業者さんにお願いし、当院屋上でオイルパンの中の灯油を燃やし、消火器を使って消火する。
今日は、看護師代表1名と厨房代表1名の2本訓練をした。やらせてみると、まあまあ、どうにか。
粉末消化剤の煙?でもうもうとして、たいへんだった。しかし1回見ておくと、いざというときはちがうだろう。

菊地渓谷

10月24日(日)は、家内と二人で菊地渓谷と大観峰に行った。
菊地渓谷の紅葉は11月10日前後の予定とのこと。しかし、駐車場待ちなど混雑が嫌な私は、時期をはずして行く。
朝9時半出発。ガソリンが約1/3だが、高速を下りて入れる予定。

玉名PAで1回トイレ休憩し、菊水インターで下りる。ひたすら菊地渓谷へ。しかし、私の愛用出光のスタンドは無い。エネオスばっかり。Fuelメーターは0のまま、少々あせるが、菊池市内で出光スタンド発見。満タンにし元気が出た。

12時20分水の駅で昼食。名物「スペシャル地どりカレー」1000円を食べる。なんとカレーライスの上に地鳥のもものからあげ1本がのっている。味はまあまあなるも、非常にすばしっこい大きな蝿が1匹、食事のじゃまをする。

13時菊地渓谷到着。一番近い第3駐車場に待たずに停められた。紅葉は10%とのこと。あまりたいしたことはないが、歩くと森のにおいがする。はやりのマイナスイオンか???。
水もきれいだし、菊地渓谷は何度きてもすばらしい。時々携帯電話が「圏外」になるのが唯一の欠点か。

次に大観峰へ。森の中の道を車の窓を全開してゆっくり走っていると、急ぐ車が何台も来るので、何回か抜かしてやりながら走る。14時30分大観峰到着。本日はややかすんでいて、阿蘇の五山がうっすらと見えるのみ。残念。
草原に腰掛け、ソフトクリームを食べながら休憩した。

昨年は、ここからやまなみを通り、大分道から帰ったが、かなり時間がかかったので、今回は来た道を帰ることにして菊水インターから帰路についた。良かった。また行こうと思った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やっぱりホルモン補充療法復活

女性は50歳前後になると生理が止まります。卵巣の機能が無くなり、女性ホルモンが作られなくなるために生理が止まるのです。
その後の長い人生を若々しく健康に暮らそうと思ったら、女性ホルモンが有ったほうが良いということで、欧米では40年前から、更年期には女性ホルモンを飲むことが勧められ、多くの女性が使用してきたのです。
日本でも10年くらい前から、多くの産婦人科医が、このホルモン補充療法を勧めてきました。

ところが、平成14年7月米国立衛生研究所(NIH)が、ホルモン補充療法では、心筋梗塞、脳梗塞、乳がんなどの発生率が高まるというデーターを発表したのです。 
それまでは、減ると思われていた心筋梗塞や脳梗塞が、かえって増えるとのデーターですので、世界中の産婦人科医か驚いたわけです。これで、産婦人科医も、ホルモンを勧めにくくなり、ホルモン補充療法を中止する人が増えました。

しかし、その後もホルモン補充療法の研究は進められ、最近はホルモン剤の使用方の変更でかなり副作用を少なくホルモン補充が出来るようになってきたようです。
今後はまた、多くの産婦人科医がホルモン補充療法を勧めていくようになると思います。

城島選手のお母さん

今日は、佐世保漁港のお魚まつりに行った。あの広い駐車場がほぼ満杯になるくらいの人出だった。無料の1000名限定鮮魚鍋には、ずらーっと人が並んでいたのであきらめた。一通り見て回り会場を出た。

そのあと、城島健司ベースボール記念館に行ってみた。この前のアテネオリンピックの時のユニフォームや選手の寄せ書き、長島監督の激励文なども置いてあった。佐世保出身のエース。すごい人ですね。
この記念館に入る時に、城島選手のお母さんに会った。私は知らなかった。なんと城島選手のお母さんは、私の中学校の同期生なのだ・・・・・・・。しかも、3年の時は同じクラス。

私は、中学校の同期会の名簿管理、連絡係をしている。先週も次回同期会の案内状をプリントしたばかりなのに。そして、城島さんという同期生がいることもわかっていたのに。
この人がダイエーの城島選手のお母さんとは知らなかった。なんという無知、あほな私!!!。

よし、今度サインをもらいに行こう。   \(^o^)/

アフターピル失敗

事後避妊方、アフターピル。コンドームが破損したなど、避妊失敗の可能性がある場合、性交後72時間以内にホルモン剤を服用して、妊娠継続を阻止するというものです。
98%の成功率などの話がありますが、実際は妊娠していたかどうかわからないので、正確な成功率はわからないと思っています。
私は、このアフターピルを約30人に処方してきましたが、ついに先月失敗例が発生しました。妊娠継続です。
30人のうち1人なら、良いのかもわかりませんが、中には失敗して他の医院に行かれた方もおられるかも。
避妊はしっかりやりましょう。

バイオパーク

 

040718_1546~01

今日は天気が良いので、久しぶりにバイオパークに行った。数日前にバイオパークも経営困難と新聞に書いてあった。
以前からオランダ村、ハウステンボスは難しいだろうけど、バイオパークはやっていけるのだろうと思っていたのに・・・・。
高速道路からやや遠いので、県外の来園者が少ないのかな。今日も夏休みの連休としては人が少ないよぅに感じた。
子供向けにタッチコーナーが数カ所作ってあり、うさぎ、モルモット、ひよこ、はりねずみ、フェレットをだかせてもらった。数年後~10数年後、まごを連れて行かねばと思いつつ。
・・・うちの子供は大きくなりすぎて、いっしょに行かないから。

助産院増加中

最近、助産院が増えているそうですね。
現代女性の自然分娩志向、「医者がかってにお産をいじるので難産になる」とか、またマスコミがこれに乗って宣伝するなどで、助産院での分娩希望者が増加しているようです。

もちろん、基本的にはお産は自然現象だし、多くの場合自然に順調に経過しますから、いろいろな様式の分娩を選択できるのは良いことだと思います。

しかし、お産は現在でもけっして安全なものではないということです。全世界では毎年約50万人の妊産婦死亡が起きていると言われます。
日本でも、かなり安全になってきましたが、今でも毎年70人前後の妊産婦死亡が起きています。


【妊産婦死亡数】 
 1950年:4117人 1955年:3095人 1960年:2097人
 1965年:1597人 1970年:1008人 1975年: 546人 
 1980年: 323人 1985年: 226人  1990年: 105人
 1995年: 85人 2000年: 78人

【死産数(妊娠22週以降)】
 1979年:29289人 1985年:18642人 1990年:11367人
 1995年: 6580人 2000年: 5362人

もしもの場合の安全性は、施設によりかなり違うと思います。今後、助産院での分娩が増えていけば、減少してきた妊産婦死亡や死産は増加するのではないかと心配されています。
私なら、いざというとき1時間以内(出来れば30分以内)にいつでも帝王切開の出来る施設でなければ、身内のお産はお願いしないと思います。

私の計るだけダイエット

平成15年10月15日NHK「ためしてがってん」で「はかるだけダイエット」が紹介されていました。1日何回も体重を測り、グラフに記入するというものです。
これだー!!と思ってその日からダイエット開始しました。身長168cm、体重75Kgでした。

 <気がけたこと>
  ・ 朝昼夜3食は今までの約3/4に。
  ・ 間食をしない。お菓子は止める。果物は減らす。
  ・ 砂糖入りコーヒーを飲まない。缶コーヒーも止める。
  ・ 運動は面倒だからしない。ただ、外出時ちょつと遠回りしょうか。
  ・ ホームページに結果を公表する。   ⇒ グラフ

これでがんばりました。右下がりのグラフを見るとモットモットとやる気が出てきます。
何回も体重を計り、食事の前後、トイレの前後に計り、気がけていくと、「今何.何Kgあるはずだ」というのがわかるようになってきます。
目の前のお菓子や果物を見て、これを食べると何Kg.になるなとか考えます。
今日は夜あれを食べるから、これは止めとこうとか。昨日食べ過ぎたから今日はひかえようとか。

本来は、カロリー摂取を減らし、運動でカロリーを消費するのがダイエットの基本です。でも、運動でやせるためにはかなりな運動が必要です。だから私は簡単に食べるものを減らすだけのダイエットを試みました。

外食がいけません、それも宴会料理なら適当に残せるが、コース料理の場合残すのも気が引けます。
また、休日がイケマセン。仕事の日は食事以外はほとんど食べませんが、休日で家にいると、ついつい・・・・・・・。

私はやせ薬とか補助食品はほとんど信用していません。唯一医学的に効果が認められているのは、漢方薬の防風通聖散だけでしょう。保険もききます。私もこれをたまにのみました。

さて、結果は平成16年2月1日、65.4Kgでほぼ10Kg減にてダイエット中止宣言しました。
このあと、リバウンドが怖い。通常2ヵ月は大丈夫だが、3ヶ月たったら肥えてくるよと言われます。そこでずっと体重を計り、グラフにつけ、ホームページで公開しつづけることにしました。本日64.8Kg。 \(^o^)/